株式会社STOC(エストック) セルフセキュリティシステム
エストックトップページ

株式会社STOC(エストック) セルフセキュリティシステム
予防対策
警告対策
補償対策
インテリアセキュリティ

株式会社STOC(エストック) デジタルカメラ監視システム
録画・監視
遠隔監視(webカメラ)

株式会社STOC(エストック) システム設置例
コンセプト/他業者比較
一般住宅type
オフィスtype

株式会社STOC(エストック) 目的別オプションシステム
出入管理対策
火災対策
防犯ガラス/面格子
PLCシステム
ウィルス対策
インターネット管理

株式会社STOC(エストック) 会社概要
Q&A
お問い合わせ
会社概要
開示対象個人情報に 関する取扱い


自主機械警備システム(セルフセキュリティシステム)と警備会社との違い





「情報が漏洩しないよう対策を講じ、従業員だけでなく委託業者も監督しなければならない」
違反の場合は6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。お客様や車両の情報が犯罪に使われるだけでなく、さらに罪まで問われかねません。それどころか社会的信用を一気に失ってしまいます。




警備会社の現状自主機械警備のコンセプトは
「入らせない環境作り」
・異常を検知したら音を鳴らさず警備会社へ通報が基本
・警備員がかけつけた時の大半は既に犯行後
・警備費用が契約している限りエンドレス
・警備法により25分以内にかけつければ責任は問われない
・異常を検知したら大きな音と光で威嚇
・自動通報先が特定できない為かけつける時間の予測がつかない
・機器設置の費用のみで導入
・お見舞金制度、カケツケ倶楽部などのオプションで更なる安心

   警備会社システム STOC自主機械警備システム
システムコンセプト 侵入情報を警備会社に通報し、確認のため警備員が現場に急行、確認後警察に連絡する。 侵入者に対し検知したことを明確に音や光で知らしめて侵入するのを未然に防ぐ。
出入り口の鍵 警備会社に委託。(警備員の質、プライバシーの問題) 取り付け先の管理。
警報 基本的に威嚇警報をしないで電話回線により警備会社に通報。 現場威嚇(音・光)が基本。
ペナルティ料金 ユーザーの取り扱い不都合の場合一回約5,000円程度必要。(警備会社による) 不要。
省力度 ランニングコストが高い。(警備料のうち警備員の人件費が大幅に占める) (リース契約の場合)リース期間のみ支払い。人件費が含まれていないため相対的に安くシステムのレベルは高い。
補償 自賠責保険による保険が基本。(下記免責あり)
@セット忘れ
A回線切断無通報
B警備員がかけつけたが被害に遭った場合
STOCお見舞金制度あり。(オプション)
COPYRIGHT(C)2009 株式会社エストック 〜セキュリティシステム〜 . ALL RIGHTS RESERVED.